三井不動産レジデンシャルサービス東北株式会社

お問い合わせはこちらから 022-262-9531

マンション管理業務のご紹介

三井不動産レジデンシャルサービス東北株式会社は、住み心地を高める、
快適で安心なマンション管理サービスをご提供いたします。

 

メンテナンス

信頼の専門スタッフの技術と、細やかな配慮でマンションの快適を維持します。

清掃業務

日常清掃

エントランスや廊下、階段やごみ置場などの共用部分清掃とガラス拭きなどを中心に実施。ごみを取り除き、整理整頓を行うことを主眼に作業を行っています。

定期清掃

定期的に専用の洗浄機を使って共用部分の床面機械洗浄を実施。材質に応じてワックス掛けなどの清掃方法をご提案しています。

特別清掃

屋上ドレイン、高層の外部ガラス、外部雨水排水枡、照明器具、機械式駐車場ビット内など、通常の清掃では手がかけられない部分の清掃を実施。

建物設備点検

共用部内の壁や屋上、エレベーター、消防設備、駐車場など、日々の安心と居心地の優れた住環境を保つため、定期的にマンション内の設備を専門の技術スタッフが点検いたします。

共用部点検業務

マンションの建物や共用設備に対して定期的な巡回点検を実施。屋上や外壁などの建物全般から駐車場やごみ置場、電気設備や給排水設備の外観や作動状態を確認しています。
定期点検の作業終了後は、「点検報告書」を管理組合に提出し、設備などの経年劣化の状況や破損・損傷箇所の改修時期・方法などをご提案しています。

エレベーター点検

中高層マンションには不可欠なエレベーター。
最近ではエレベーターの不具合によって人身事故が発生するなど、その安全性が大きな社会的注目を集めました。
また、特に高層階にお住まいの方にとってエレベーターは大切な移動手段。
万が一故障により長時間使用できなくなると、生活に支障をきたす恐れがあります。
こうした事故や予期せぬ故障を未然に防ぐためにも、通常の保守点検や遠隔監視による点検のほか、建築基準法に定められた年1回の法定点検を実施し、特定行政庁に届け出ることが義務付けられています。

消防設備点検

マンションにはその規模および用途に応じてさまざまな消防用設備等を設置することが義務づけられています。万一、火災が発生した場合、マンションに設置された消火設備や避難設備等が確実に機能しなければなりません。そのため消防法により年2回の点検および整備を含めた適正な維持管理を行うことが義務づけられています。
また、共同住宅の場合は点検の結果を3年毎に所轄の消防署へ報告します。(用途により1回/年)

機械式駐車場保守点検

点検に関し特に法的な規制はありませんが、日常的に使用する重要な設備であるため、消耗部品やグリス(油)などの定期的なチェックや適切な部品交換を実施し、常にスムーズに車両の出し入れができる状態にしておく必要があります。

給水ポンプ点検

水道というライフラインを維持するために常に稼動している設備のため、劣化進行箇所を早期に発見し適切な整備や部品交換を実施し、常に正常な状態にしておく必要があります。
また、より長く給水ポンプを延命するためには、定期的なオーバーホール(部品交換)が必要となります。

植栽管理業務

共用部点検業務

四季の彩りを暮らしに届けてくれる植栽管理も大切な管理。
台風などによる倒木や枯れ木の落下、伸びた枝による通行妨害の防止といった安全面、それに、防火・防風・遮蔽など実用的な機能面などにも着目。多角的な観点から日々の植栽管理に取り組んでいます。

▲ページトップへ